【台湾義援金】 
               
              ≪ 本当に ありがとう 台湾 の 方々 ≫        
                             
                               ( 心より  感謝  致します。。。)
                   
                      2年 経ちましたが  復旧復興 が 遅れています。

           

                            

                              台湾の メデイア の 放送
           
      
 
[台湾からの 支援 概要]                                      
                                                                                                                          2012  10月E 集計
  1.資金援助
      (1) 台 湾    240億円   (4月96億 5月137億 7月204億)       
       (2) 米        90億円
       (3) 韓 国       16億円
       (4) 中 国        3億円
 (イ)  台湾 官民からの 義捐金
              外交部に よると、外交 部等の 機関と 民間団体を 合わせた 義捐金は、
           7月20日 現在 66億5,779万台湾ドル
 (ロ) 交流協会 在外事務所での 義捐金 受付
          3月21日 より 交流協会 台北・高雄事務所で 義捐金を 受付開始。
       7月4日現在、 約 11.5億円
 (ハ) 台湾当局からの資金援助
      3月12日、外交部1億台湾ドル の資金供与を 表明。

2.人的支援
        ◎ 台湾各地の 消防士ら 台湾救援隊(28名)の 派遣(3月14~19日)
         実は3.11 翌日に 日本には 居たのですが 2日間 現地入を 
             待たされた 経緯は 中国に 気を使い まだ 来てないのでと事。  
        ◎ 台湾NGOが  被災地で 救援物資の 提供等の 活動している。

 

3.物的支援
            総量約  560トン ( 台湾外交部発表 )の 支援物資の 提供。

       ◎ 支援期間:3月14日~6月6日
       ◎ 支援先: 災害対策本部、 被災地、避難所等
       ◎ 支援物資内容:

                           発電機 801台、   毛布 8735箱、   寝袋487箱、   スリーピング 236箱

                           衣 類  ( 防寒具、  レインコート、  手袋、 マフラーを  含む ) 6866箱

                           食品 ( クッキー、 ポップコーン、 米、 缶詰  等を 含む) 16.5㌧+1886箱 

                           暖房具(石油ストーブ 等)955台、 カイロ150箱、 飲料(水を含む)1125箱

                          寝具 ( マットレス、 キルト、 枕  等を含む )938箱   粉ミルク95箱

                          衛生用品(ナプキン、ティッシュ、トイレットペーパー、タオル、マスク等)583箱、

                          日用品 ( 懐中電灯、充電機、スタンド )488箱、   納体袋24箱


【世界のセブンイレブン募金状況】 

                          台湾 3億368万円

                            米国6534万円    カナダ6534万円    タイ1600万円    香港118万円

                            シンガポール1127万円    マレーシア528万円     ハワイ418万円      

                            メキシコ387万円    インドネシア293万円      韓国74万円  


   本当に ありがとう 台湾
 

      台湾大地震の 「恩返し」 児童が 小遣いを 義援金に。。。。

             1999年の 台湾大地震で 校舎が倒壊し 日本の義援金で 校舎を再建した 

            台中市の 小学校では、子供たちが 自分たちの 小遣いなどから 約190万円を送った。

            「隣国の友人に恩返しを」 と。

          東日本大震災で 義援金をもらった お礼のため、麻生太郎元首相が 9日、台湾中部・

          台中市の 健民国民小学校を訪れた。 麻生氏は「中華民国建国100年」を祝う10日の  

          式典出席のため台北入りした。 同小の児童が お小遣いから 少しずつ 出し合い

          日本に 送った話を知り、滞在日程を やりくりして お礼を。

          集まった 約160人の 児童を前に 麻生氏は 「皆さんの行動を通じ、日台の信頼関係を

          改めて 感じた。 復興への勇気を 与えていただいた」 事に 感謝します と語りかけた。


チャリティー番組で
        台湾の 赤十字会や テレビ各局などの 主催で 18日夜に行われた 東日本大震災の
        被災者を 支援するチャリティー番組で 生放送中に約21億5000万円の 義援金が
        寄せられた。 数日後には 既に倍の40億円となっている。。馬英九総統も 電話での
        義援金 受け付けを 手伝ったり。 番組には、サッカーの 元日本代表の 中田英寿さんが
         駆けつけた ほか、台湾人タレントの ビビアン・スーさん、 里帰りして 番組に 出演した
         ジュディ・オングさん らも 出演して 盛り上げた。

      今 現在も まだまだ 募金活動 を してくれてる 

                     台湾の 方々に 心より  感謝 致します。

 

  ちなみに 日本馬術連 が 馬術情報 にて 会員 各県馬連 で 集めた 

          金額 700万円(日馬連が300万) 全乗協が 1280万円 6月で 締め切り。

                  それも 被災証明 を もらって 来た 馬関係者 のみ 支払うとの事。 

               当 少年団 でさえ 自主的に ポニ- の 引き馬をし 

            集めた お金を (約20万円) 送り続けています。 

                  キュロット ヘルメット も 買わず。               記 木坂昶彦。

                     http://www.geocities.jp/t522403/2011-4-10giennkin.html 

                 先日 母校 小.中学校の 総会での 報告では 同窓生が 集めた 金額

                 ¥10.902.125.- 別に当日 入り口の 募金箱には ¥147.000.-

           これからも まだまだ  募金活動 継続中。          (10月 末で)

  

 

                (死者 行方不明者 避難者 詳細)          震災被害 疑問                 

            死  者        行方不明       避 難 者

  11月15日    1万5838人        3647人          7万1565人

   11月24日    1万5839人+1      3647人          7万1565人

      25日     1万5840人        3607人         32万8903人

           25日の 発表見て 驚きました。

                     避難者について 7万1565人 25万7388人 増えて 32万8903人 に。

      政府の 説明は        宮城県 12万2229人 

                        福島県  9万4343

                        岩手県  4万2472人 

                        3 県の 仮設住宅 公民館 学校 旅館 病院 親戚 の 方々を 入れてなっかた との事。

                                 さらに 12月8日に 6212人 増え 33万2691人 に。

                12月11日で 9ヶ月 です。 行方不明者 の 捜索 段々 手抜きで 4ヶ月で わずか 43人。

                調べると 町の 遺族 有志 派出所の お巡りさん 達が 潮が引くと スコップ 片手に 

                  ヘドロを 掘り ガレキの 中を ひたすら 汗みどろに。

                遺族の 方も 骨の 欠片でも と 一生懸命に 堀 続けて いました。

  (10月から12月の3ヶ月で)

                       不思議なのが 行方不明者の確認が217人で  死者13人。避難者は 26万3428増えました。                               

        

        この部屋の TOP  http://741-2190.jimdo.com                

                                               メインの TOP  http://741-2190.com

         All rights reserved, Copyright 2004 This web site is maintained by the Wakamatsu Riding Club